月別アーカイブ: 7月 2015

【名古屋】中電対話デー 8月3日(月)午前9時50分、中部電力本店前集合。*尋ねてみたいことや、言いたいことなど どんなことでもOKです。どなたでも参加可。中部電力担当者が直接あなたの話を聞き、答えます。

日 時:8月3日(月)午前9時50分集合
場 所:中部電力本店前
内 容:尋ねてみたいことや、いいたいことなどどんなことでもOKです。あなたの声を届けましょう!
主 催:中電対話デープロジェクト
参加 費:タダ
連絡 先:<hamanatu(at)nifty.com> ℡0572-52-3525(早川)
備 考:お子様連れ大歓迎です。

続きを読む

広告

【名古屋】連続学習会<脱原発への道>番外編「究極の核のゴミ処分場がやってくる?」8月29日(土)午後1 時半 名古屋市市民活動推進センター  ナビケーター:未来につなげる・東海ネット

<「脱原発社会への道」連続講座 番外編>

「究極の核のゴミ処分場がやってくる?」
ー 高レベル放射性廃棄物はどこへ? ー

8月29日(土)13時半~16時半

名古屋市市民活動推進センター 集会室
(地下鉄「矢場町」5/6番出口徒歩5分、ナディアパーク6F)

国が前面に出て最終処分候補地の選定を行うことになった高レベル放射性廃棄物。非公開の自治体説明会でにわかに緊迫してきたこの問題について、これまで作られた複数のすぐれた報道記録やDVD等を視聴しがら、改めて「東濃の超深地層研究所」問題と合わせて考えます。

★ナビゲーター:未来につなげる・東海ネット
(資料代:500円)

20150910

連続講座9月-10月チラシPDF

【名古屋】連続学習会<脱原発への道>第5回「電力システム改革の現状とこれから」8月23日(日)午後2 時 ウィルあいち  講師:大林ミカ(自然エネルギー財団)

<「脱原発社会への道」連続講座 第5回>

「電力システム改革の現状とこれから」
   大林ミカさん(自然エネルギー財団)のお話

8月23日(日)14時~16時(開場13時半)

ウィルあいち(3F 会議室4)
(地下鉄「市役所」2番東へ9分or名鉄「東大手」南へ5分)

講師:大林ミカさん(原子力市民委員会アドバイザー/公益財団法人 自然エネルギー財団事業局長)

来年4月に始まる電力小売り全面自由化、そして2020年の電力の発送電分離で、脱原発・脱化石社会へ近づけるのか?!

(資料代:800円) 定員54名(当日先着順)

主催:未来につなげる・東海ネット
*共催:原子力市民委員会

チラシ(PDFファイル)をダウンロードする。

【名古屋】連続学習会<脱原発への道>第4回「再生可能性エネルギーの可能性と脱成長社会を考える」7月20日(祝)午後1 時半 イーブル名古屋(旧女性会館)  講師:大沼淳一(原子力市民委員会委員) 受講料:500円

<「脱原発社会への道」連続講座 第4回>

「再生可能性エネルギーの可能性と脱成長社会を考える」
  ~地球的限界と知の限界をふまえて~

7月20日(月・祝)13時半~16時半

イーブルなごや(旧 名古屋市女性会館)2F 視聴覚室
(地下鉄「東別院」下車 東へ5分)

講師:大沼淳一(原子力市民委員会委員)

●地球滅亡は甘口型か辛口型か
●エコロジカルフットプリント
●不確実性の霧の中、リスク分析は羅針盤にはならない
(原発事故から低線量被曝まで)
●再生可能エネルギーの現状と可能性
●再生可能エネルギーの問題点
●資本主義の終焉と新たな「辺境」としての戦争
●脱成長革命~その身体性、日常性、民主主義
●日本列島再発見

資料代:500円

主催:未来につなげる・東海ネット

<参考図書>
水野和夫著「資本主義社会の終焉と歴史の危機」集英社新書