月別アーカイブ: 1月 2016

【名古屋】3/11佐藤和良さん講演(元いわき市議会議員)、ナディアパーク6F

20160311

================================================================
福島原発事故から5年
~ 手をつなぎ、たたかい続ける被害者たちのいま ~
=================================================================
お話:佐藤和良さん
(「福島原発告訴団」副団長、「原発事故被害者の救済を求める全国運動」
共同代表、「脱原発福島ネットワーク」世話人、元いわき市議会議員)

と き:2016年3月11日(金)14:00~17:00(開場13:30)
(14:26に東日本大震災・原発事故の犠牲者への黙祷を行います。

ところ:名古屋市市民活動推進センター(ぼらんぽ)
(ナディアパーク・デザインセンター6F)集会室
(地下鉄「栄」駅7・8番出口より7分or「矢場町」駅5・6番出口より5分)

★同日:久屋広場にて「東日本震災犠牲者追悼集会」があります。

参加費:800円(原発事故避難者・高校生以下無料)

<佐藤和良さんのプロフィル>
1953年 楢葉町(福島第二原発立地町)生まれ。
1988年「脱原発福島ネットワーク」に参加。
2011年 東京電力との交渉や脱原発アクションを続けて来た「脱原発
福島ネットワーク」が「多田謡子反権力人権賞」を受賞。
2013年 脱原発福島ネットワーク編「アサツユ—脱原発福島ネットワーク
25年の歩み」(七つ森書館)を刊行。
2013年 秘密保護法案に関する福島公聴会公述人
2004年から2015年までいわき市議会議員
「福島原発告訴団」副団長、「原発事故被害者の救済を求める全国運動」共同代表ほか
●佐藤かずよしさんのブログ http://skazuyoshi.exblog.jp/

主催:未来につなげる・東海ネット

チラシのpdfファイルをダウンロード

広告

2/22(月)名古屋でもやるよ!<学習会&意見交換会>「電力自由化の光と影-電力自由化で脱原発するために」

【2/22(月)名古屋でもやるよ!<学習会&意見交換会>】
「電力自由化の光と影—電力自由化で脱原発するために」
(未来につなげる・東海ネット連続講座第10回)

お 話:石井伸弘さん(電気をカエル計画代表)

と き:2016年2月22日(月)18時半~20時半ごろ

ところ:なごやYWCA(201/202号室)
(地下鉄「栄」駅5番出口より東へ5分)

参加費:500円

今年4月から、家庭向け電力の自由化が始まります。東海地域でも13社が電力小売りを手掛けることを表明しています。中部電力ではない新電力(PPS)の電気を購入すれば、原発に頼らない電気を購入することにつな
がると考えている方も多いと思います。昨年末の調査では、消費者として原発に依存しない電気を選びたい、と答える割合は東京で3割に上ります。
ところが残念ながら、現実には新電力(PPS)が販売する電気にも3割程度は電力会社の電気が混じっています。その電力はいわゆるベースロードとして供給されるもの。つまり、新電力を選択することが脱原発にはちっとも直結していないのが現状なのです。再生可能エネルギーの普及の旗手として期待されたソフトバンクも結局は東電と電力供給の提携をすることが報道されました。
それでも、再生可能エネルギー100%の電力供給を目指す新電力も出てきました。こういった会社を応援し、原発に依存しない電気を少しでも増やし、電力会社が原発に依存することが経営上マイナスだと思うようにするために、イチ消費者、イチ市民として何ができるか、知り、考え、行動するためのきっかけを作りたいと思います。
内 容 1)勉強会
・電力自由化のあらまし
・新電力の電源は何か
・新電力=脱原発、なのか
・どの新電力を選べばいいのか

2)意見交換
・カギとしての「電源開示」
・新電力の電源開示を進めるには
・市民の意見は新電力に伝わるか
・自治体を通じた提案のあり方

主催:未来につなげる・東海ネット

ちらし(PDF)をダウンロード

20162202