月別アーカイブ: 2月 2012

メールニュース [Vol.8]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
未来につなげる・東海ネット
メールニュース [Vol.8]

2012年2月24日配信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【1】3/2-4 大震災/フクシマ原発震災展
【2】ボランティア募集(震災展)
【3】3/3 シンポジウム「これでいいのか?食品基準」
【4】福井県知事、おおい町長に風下住民から手紙を
【5】その他
・さよなら原発310 in あいち
・メーリングリスト「s-hama」

続きを読む

広告

2012.2.06 第4回 中電対話デー 報告

2012.2.06 第4回 中電対話デー 報告

今回の対話デーに中電からは広報2名と総務1名の対応。一方、市民側からは13名が参加。そのうち1名はかわいい盛りの女の子。会場では女の子が動き回る姿があり、これこそが日常性が感じられる市民が望む対話風景であり、これが当たり前の姿だと思いました。

2時間の対話についてごくごく簡単な報告をします。

s=市民 t=中電

・・・やはり冒頭は録音問題!他の電力会社では認められていると聞いているのに、なぜ中電だけがダメなのか納得できる回答はされず問題は持ち越されることになりました。そして、今回焦点となったのが原発による過酷事故に対する電力会社の備えです。

s フクシマ原発事故で東電がまき散らした放射能であるにも関わらず東電が除染することは無かった。消火活動でも東電ではなく自治体が消した。電力会社は原因を作っていながら後始末をしない。

t 電力会社としても全体で300名が現地に行き作業をしている。

s 福島県から遠く離れた愛知県新城市で放射能が検出されている。放射能の拡散予測や住民の避難について想定していますか。

t 愛知県とは情報のやり取りをします。避難や拡散についてはこれから検討協議してゆきます。

続きを読む

福井県知事、おおい町長に手紙を書こう

福島原発震災であれだけ広範囲に被害が及んだにもかかわらず、大飯原発の運転再開に関わる地元同意の「地元」とは、いまだに「福井県」と「おおい町」だけです。他の地域の住民は、自分たちの生命・財産に関わることを自分たち自身で決めることもできず、この2つの自治体に委ねなくてはならない現実があります。

そこで、少なくとも福井県知事とおおい町長には、私たち東海地方の原発風下住民がどのような気持ちで、二人の再稼働に関する判断に注目しているのか伝える必要があると考えています。2月24日から福井県議会が、3月1日からおおい町議会が始まります。大飯原発の再稼働を心から心配しているという声をぜひ知事・町長に届けましょう。手紙の形式・内容はもちろん自由。封書、ハガキ、FAX、メールでもOKです。

手紙の送り先

(1) 福井県知事 西川一誠 殿
〒910-8580 福井市大手3丁目17番1号 福井県安全環境部原子力安全対策課
FAX:0776-21-6875
メール:gennan@pref.fukui.lg.jp

(2)おおい町長 時岡 忍 殿
〒919-2111 福井県大飯郡おおい町本郷第136号1番地1 おおい町役場
FAX:0770-77-1289

<参考>
・昨年12月のびわこネットのおおい町あての要望書
・今年2月1日の福井県知事への要望書

■その他の大飯原発再稼働を止めるために、今すぐやれること。
★運転再開反対署名に署名する。そして署名を広める。(最終集約日は2月20日)
ネット署名
紙版署名(pdf)

★原子力安全・保安院に説明会を求める。
原子力安全・保安院 原子力防災課 事故故障対策室第三班長 古作泰雄
防災課 電話:03-3501-1637  FAX:03-3580-8539
E-mail:qqnbbi2@meti.go.jp

★国会議員署名用紙を持って、国会議員の地元事務所に行く。(2月20日まで)
現在28名の議員から署名いただいています。

★各自治体に意見書採択などを働きかける。
★2月20日は、関西電力のすべての原発が止まる日です。原発なしでも大丈夫を各所でアピールする。
★関電本店に申し入れに行く。具体的な日程は、このサイトに情報が掲載される予定です。

大飯原発再稼働問題で愛知県(知事)に申し入れ

2012年2月6日、未来につなげる・東海ネットは、大飯原発再稼働問題に関して、愛知県(知事)に申し入れを行いました。

愛知県庁の秘書課、企画課、防災局が対応し、東海ネットからは、知事として以下の点を明確にしてほしいと要請しました。

1)安全性の確認が不十分なまま、大飯原発3・4号機の再稼働はすべきでない。
2)国会の事故調査委員会の調査結果を尊重すべきである。
3)再稼働にあたっては愛知県もリスクを負うため、原子力安全・保安院による説明を求める。

以下は要請書本文です。

———-

2012年2月6日

愛知県知事 大村 秀章 様

提出団体:未来につなげる・東海ネット

関西電力大飯原発3、4号機の再稼働に関する要請書

  県民の安心・安全のために日々ご尽力くださり、感謝いたします。

既に報道されていますように、現在、福井県にある関西電力大飯原子力発電所3、4号機の運転再開の手続きが進められています。関西電力の提出したストレステスト一次評価書に対する原子力安全・保安院の評価案は、一部修正され次の意見聴取会で最終決定されると見られ、この後、地元自治体の同意が得られれば、4大臣の政治的判断により運転が再開されることになります。

続きを読む