2012/7/12 関西電力東海支社と電力需給について話そう

関西電力と電力需給について話し合いをします!

日時 7月12日(木)午前11時~
場所 関西電力東海支社
名古屋市東区泉2-27-14
地下鉄桜通線「高岳(たかおか)」1番出口
徒歩2分(名古屋駅から4駅目)
地図

申込不要です。
参加したい人は当日午前11時までに東海支社に来て下さい。

呼びかけ 未来につなげる・東海ネット

****

大飯原発は再稼働されてしまいましたが、多くの問題点が残されたままです。そのうちの一つが「電力需給の問題」です。

関西電力は15%以上の節電をお願いするとしていましたが、3号機の稼働により10%と修正しました。それに加え、計画停電に備えるよう呼びかけています。その内容は「計画停電は原則、実施しません」とあり、もし実施される場合、期間は7月2日~9月7日(お盆の期間は除く)、時間帯は午前8時~夜9時まで、一回の長さは各エリア2時間程度などとあり、ダイレクトメールや検針票により周知を図っています。これは脅しとも取れるような行為だと思っています。

名古屋にある関西電力東海支社は水力発電を専門としていて、原発については答えられないとのことでした。それでは、電力需給について答えてくださいと今回お願いした次第です。

そこで、こんな質問をしています。
● 原発を稼働させずに電力の安定供給をする見通しを立てていますか。立てているのであれば、具体的な内容を教えてください。
● 5月12日の東京新聞に「再稼働は電力需要の問題とは別」との記事がありました。この夏の大飯原発3、4号機の再稼働の目的は何ですか。

この質問に回答をしてもらえる予定ですが、このこととは別の質問もOKです。申込不要ですので、参加したい人は当日午前11時までに東海支社に来て下さい。もちろん、お子様連れ歓迎します。