2011/10-2012/1「放射能・原発・エネルギーと私たち」

福島原発から放出されている放射能による食べ物への影響から、エネルギーの未来像までを、じっくりと学びます。講師による詳しい講義を柱に、原発問題の分かりやすいパワーポイントを参加者自身で作ったり、各自でいろいろな調査を行って発表したりなどもしてきたいと思っています。放射能測定の実習や浜岡原発の見学など、私たちのネットワークを通じて様々なオプションプログラムを組んでいく予定です。

参加者の関心に沿って講座を進めていきますので、原則として通しでの参加をお願いしていますが、部分参加も可能です。

*第1回から第4回までは なごや環境大学共育講座の一環として行われます。
*内容は、講座の進捗状況や、福島原発事故の状況と日本政府の対応によって、変更の可能性があります。

第1回 「福島で何が起きているのか、これからどうなるのか」
10月4日(火)18:30-21:00
原発のニュースが複雑で理解出来ない・・・原子力発電の基本的な仕組みと福島原発事故のメカニズムを学びます。

第2回 「放射能とこれからの私たちの暮らし方」
10月18日(火) 18:30-21:00
福島原発から放出されている放射能が、食品にどう影響するか等、暮らしがどう変わるかについて学びます。

第3回 「原発問題A・B・C」
11月1日(火) 18:30-21:00
電気料金のカラクリから、10万年後の最終処分場問題まで、原発の問題を多角的に検討します。

第4回 「エネルギーの未来像」
11月15日(火) 18:30-21:00
再生可能エネルギーの可能性と課題、グローバルな資源問題などを学び、長期的な視点でエネルギーのあり方を考えます。

第5回 中間発表とワークショップ(1) (ミニ講座あり)
12月13日(火) 18:30-21:00
参加者の研究発表(希望者)、参加者のニーズに合わせて福島事故の現状等に関するミニ講座などを行います。

第6回 中間発表とワークショップ(2) (ミニ講座あり)
2012年1月10日(火) 18:30-21:00
参加者の研究発表(希望者)、参加者のニーズに合わせて福島事故の現状等に関するミニ講座などを行います。

第7回 「放射能・原発・エネルギーと私たち」 (ミニ講座あり)
2012年1月24日(火) 18:30-21:00
福島事故の現状等に関するミニ講座、原発・エネルギー問題に関する分かりやすいパワーポイント作りなどを行います。

卒業講座
日時:未定
参加者による研究発表、パワーポイントのお披露目などを広く一般に向けて行います。本イベントは、東海ネットの関係者の協力を得ながら、参加者自身で企画運営を行う予定です。

主任講師:大沼淳一 (金城学院大学 非常勤講師、元愛知県環境調査センター職員)
研究指導員:安楽知子(核のゴミキャンペーン・中部)

受講料:5800円(全7回)
各回ごとの聴講 1000円
*オプションプログラムは別途実費

会場:名古屋YWCA
名古屋市中区新栄町2-3
(地下鉄栄駅徒歩5分)

定員:20名

申し込み:下記のフォームを利用するか、または同内容をメール等で事務局(mirai.tokainet@gmail.com)まで送信してください。

支払い:受講料は当日お支払い下さい。

広告