大飯原発再稼働問題(2012年3月12日)

未来につなげる・東海ネットは、2012年3月12日、大飯原発再稼働をめぐって関西電力(東海支社)に申し入れを行いました。
関西電力への申入書はこちらからどうぞ。 

同年2月6日、愛知県(知事)に対して申し入れを行いました。
愛知県知事への申し入れ書はこちらからどうぞ。 

同年1月6日、関西電力(東海支社)に対して申し入れを行いました。
関西電力への申し入れ書はこちらからどうぞ。

————————————————————

現在各地の原発が続々と定期点検に入っており、稼動しているのは全国で6基のみ(2011年12月25日現在)になりました。このまま運転が再開されなければ、2012年5月までには全原発が止まります。

しかし、大飯原発3・4号機、伊方3号機のストレステストの一次評価書が保安院に提出され、現在審議が進行中です。間もなく、大飯原発をめぐって、ストレステスト後に再稼働するかどうか初めての政治判断が行われる見込みです。

————————————————————

「大飯原発を中心にした福島原発事故による土壌汚染図との重ね合わせ」
(文科省第4次航空機モニタリング測定より作成)

(参考)
チェルノブイリにおける移住の権利ゾーン:18.5~55.5万Bq/m2
移住の義務ゾーン:55.5万Bq/m2超
—————————————————————

福島事故も収束しておらず、その原因も不明確な中、従来の枠組みで行う審査に妥当性がないことは明白です。関西の脱原発グループ13 団体で構成する「琵琶湖の水がみんなのいのち・さよなら原発ネットワーク」が、関西7府県知事に対して、再稼働に反対するように求める署名運動をスタートしました。

そこで、東海地方の私たちもこれに賛同して、署名を集めることにしました。署名用紙は、こちらからダウンロード(PDFファイル)できます。プリントアウトして署名を集めていただき、東海ネットまでご送付ください。(第一次集約:2012年1月15日)

ネット署名はこちらからどうぞ。