6/2(土)原発ゼロ社会への道 連続講座2018プレ学習会

チラシダウンロード

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
原発ゼロ社会への道  連続講座2018 プレ学習会

   「しあわせになるための『福島差別』論」で
ほんとうに幸せ?
~ 福島で健康被害は本当に起きてないの? ~
~ 被曝影響を疑うことは差別? ~ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
と き:6月2日(土)13:30~16:45 (開場13:10)
ところ:ソーネ大曽根(ホール)https://sone-ozone.com
(JR/地下鉄/名鉄瀬戸線「大曽根」駅下車北西へ900m)
名古屋市北区山田町2-11-62 tel:052-910-1001(代表)
講師:大沼 淳一
(原子力市民委員会委員/元愛知県環境調査センター主任研究員)
参加費:500円(原発事故避難者&学生は無料)

 福島原発事故から7年余。福島県内だけでも小児甲状腺ガンの患者数が 増え続けているにもかかわらず、福島県も国もいまだに被曝の影響を否定 し続け、被害者の救済措置の縮小に拍車をかけています。  福島の復興に汗を流してきた人たちの中にも、復興を強く望むあまり、 放射能の危険性の話題に嫌悪感を示す人も出てきました。中には、“福島 県の甲状腺検査は、見つけなくてもいいガンを見つけて不要な手術をして いるから人権侵害だ。県民健康調査は中止すべき”、“被曝影響を問題視 する人は福島差別を助長している”というような言説まで流れています。

 今年1月に出版された「しあわせになるための『福島差別』論」は、 福島で健康被害は出ないのだから、ことさら危険性を煽るのは問題だとい う立場から書かれたものです。

 では、福島ではほんとうに被曝による健康影響はないのでしょうか。  この学習会では、原発事故による被曝影響をどう判断するか、原発事故 で可視化された人々の優生思想をどう克服していくか等について改めて考 える機会にできればと思います。

★参考:「しあわせになるための『福島差別』論」清水修二、開沼博ほか著
(かもがわ出版  http://goo.gl/uVq1M9

★好評発売中! 原子力市民委員会
「原発ゼロ社会への道2017   ー脱原発政策実現のために」
(頒価1500円) (お求めはウニタ書店またはCラボで。当日会場でも販売予定。
原子力市民委員会ウェブサイトからのダウンロードはこちら
http://goo.gl/HXWkSw

主 催:未来につなげる・東海ネット
https://tokainet.wordpress.com
問合せ:mirai.tokainet@gmail.com tel:090-1099-1520(小室)

広告

投稿日: 2018年5月6日 | カテゴリー: 未分類 | パーマリンク コメントする.

コメントは受け付けていません。