5/21(日)シンポジウム「復興政策と帰還政策を問い直す」吉原直樹 X 大沼淳一

20170521吉原チラシ

2017年第2回 脱原発社会への道 連続講座

シンポジウム <福島原発事故から6年>

復興政策と帰還政策を問い直す

     吉原直樹 X 大沼淳一

と き:5月21日(日) 13;30~16:30頃

ところ:名古屋YWCA(2Fビッグスペース)http://goo.gl/c0SB5k

参加費:500円(原発事故避難者と学生は無料)

パネリスト

吉原直樹さん
「被災者コミュニティの現実~大熊町を事例として

大沼淳一さん
「故郷を棄てるということ ~人が住むべきではない放射能汚染地帯」

今村復興大臣発言は安倍政権の本音だ!

年間20mSvという残酷な被曝限度を押し付けて、今年3月末で飯館村や富岡町などで避難指示解除準備区域と居住制限区域の指定が一斉に解除されました。これらの指定区域外からの避難者への住宅補助もすべて打ち切られてしまいました。「子ども被災者支援法」の理念を無視し、戻らない権利と、どちらとも迷っている権利を自己責任と切り捨て、ひたすら強引な帰還政策で避難者を鞭打つ残忍な安倍政権。

福島事故発災以来、大熊町に通い続けて被災者コミュニティの絶望と希望を記録してきた社会学者・吉原直樹さんと、リスク論研究や放射能汚染実態調査を続けてきた大沼淳一さんが、各々の角度から問題の本質に切り込みます。

吉原直樹さん

1948年徳島県生まれ 専攻:都市社会学、地域社会学 慶応大学経済学部卒業、 東北大学大学院文学研究科教授(名誉教授)、横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院教授、大妻女子大学社会情報学部教授を経て、横浜国立大学教授 地域社会学会会長などを歴任 原発震災関連著書に、 「『原発さまの町』からの脱却」(岩波書店、2013年)、「絶望と希望~福島・被災者とコミュニティ」(作品社、2016年)

★河北新報(2017年2月12日)
「復興庁5年 司令塔 評価と課題 インタビュー
東北大学名誉教授 吉原直樹氏 「インフラ偏重否めず」
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201702/20170213_71038.html

大沼淳一さん

1944年、宮城県生まれ 東北大学理学部卒業、名古屋大学大学院理学研究科博士課程中退元愛知県環境調査センター主任研究員、 原子力市民委員会委員、 未来につなげる東海ネット・市民放射能測定センター運営委員 原子力市民委員会「原発セロ社会への道」、「核廃棄物管理・処分政策のあり方」(共著)など

ちらしダウンロード→20170521yosihara
広告

投稿日: 2017年4月13日 | カテゴリー: 未分類 | パーマリンク コメントする.

コメントは受け付けていません。