2016.12.5第33回 中電対話デー 報告

中電からは広報2名と総務1名、市民は13名。参加していただいたみなさま、
ありがとうございました。
それにしても、浜岡原発は止まっていてもトラブル続きで、配管にワイヤーブラシ、
圧力制御室で布とゴム手袋の一部が混入。再稼働なんてとんでもない!です。
以下ごく簡単な報告をします。s=市民 t=中電  ※=ちょっとつっこみ  です。

s 太陽光発電が普及したことで、真夏のピーク電力が賄えることが九州電力で証明されています。
t 再生可能エネルギーでは夜もありますし、雨や曇りの日もありますので・・・
s 中電でも碧南火力が停止して410万kwが送電できなくなったのに問題なかったですよね。
9月8日でしたからまだ暑い時期でしたが。
※「原発がないと江戸時代にもどっちゃう」なんて脅しがあったけど、原発が無いと電気が不足することは全く無いことが証明されましたね。
s 浜岡原発はフクシマ事故以後止まったまま。それ以前も事故やトラブルで数か月停止したことがありましたよね。裁判で止まることもあります。止まるリスクはほかの発電設備よりもずっと高いです。エネルギー安全保障の観点からリスク計算はしていますか?
t 年間80%の稼働率で試算しています。
s 稼働率80%とはコスト計算の数字です。実際の稼働率はもっと低いし、これじゃあ議論がかみ合わない。
s 以前の対話でフクシマ事故の放射能で死んだ人はいないとの発言がありましたが、東日本大震災の救援活動でトモダチ作戦に従事したロナルド・レーガン号の乗組員は7名死亡しました。震災関連死した方はたくさんみえます。年20ミリシーベルトで避難指示を解除し、帰還は心配です。
t 福島県やIAEAのレポートを見ていますが、そこにありません。
s 浜岡原発でも事故が起きた場合、年20ミリシーベルトで帰還となるのですか
t 自治体の方々と避難計画を詰めていますが、年20ミリシーベルトを下回ったら帰還というのは福島と同じだと思います
※この発言を静岡県に確認してくださる方がいて、そこまで話し合いはされていないとのことです。
s 新潟知事選挙でNHKがした出口調査では柏崎刈羽原発の再稼働に反対が73%。民意は再稼働に反対です。普通の企業なら消費者の動向を無視できないのがあたりまえです。電通の社員が過労自殺しましたが労組の役割が見えません。労組は会社を糾し労働者を守る役割があるはず。関西電力では過労自殺が起きています。みなさんだいじょうぶですか?死なないでくださいよ。
t ・・・・・・・(※だんまりでした)
s 前回、浜岡原発で地震の時に制御棒が入ることは多度津の振動台設備で揺らした実験で確認したと聞きましたが、何ガルの試験ですか?何年前ですか?
t 30年くらい前に原発の機器ごとに揺らした試験です。何ガルかはわかりません。その結果も踏まえてシミュレーションで安全を確認しています。
s 30年も前の実験でその後は計算だけ。しかも原発は5年間も動かしていない。洗濯機でも使いたくないよね。
※原子炉圧力容器の老朽化を知るための試験片データを次回回答することになりました。
以上

広告

投稿日: 2016年12月17日 | カテゴリー: 中電対話デー | パーマリンク コメントする.

コメントは受け付けていません。