【愛知】8月1日(月曜日)中電対話デー 集合:中部電力本店前(地下鉄栄駅5番出口徒歩3分)。とにかく中電と直接対話で実感。申し込み不要で誰でも参加可。

日 時 8月1日(月曜日)午前9時50分
場 所 中部電力本店前(地下鉄栄駅5番出口徒歩3分)
内 容 いいたいことや、たずねてみたいこと、とにかく直接対話で実感!
どなたでも参加OKです。
主 催 中電対話デープロジェクト
参加費 タダ
備 考 お子様づれ大歓迎です

以下申し入れ書です。

2016年8月1日

中部電力㈱

代表取締役社長 勝野 哲 殿

 

団体名 中電対話デープロジェクト

 

浜岡原子力発電所の廃止を求めます

 

現在地震が多発しています。複数の地震の専門家は1995年の阪神淡路大震災を始まりとして、「本格的な地震の活動期に入っているのではないか」という意見が出ています。

浜岡原発は、駿河湾から静岡県の内陸部を震源域とするマグニチュード8クラスの巨大地震である東海地震の震源域のほぼ真ん中に立地し、予想される震度は6〜7、いつ起きてもおかしくないといわれています。

東海地震の場合、駿河トラフが動くケースが考えられ、その震源域は人の住む日本列島の下まで及んでいるために、海溝型地震でありながら直下型の地震となっています。

直下型地震は比較的小規模な地震と言われていますが、東海地震ではその常識は通用しないのです。

動くプレートと浜岡原発直下の断層が繋がった状態にあるというところに、恐ろしさがあります。その場合、原子炉の核燃料の核分裂は止められたけれど、冷却水が間に合わなかったという事故ではなく、原子炉自体が跳ね上がり制御棒すら入れられない大事故が十分に考えられるのです。

再稼働など論外です。浜岡原子力発電所は今すぐ廃止すべきです。

以上

広告

投稿日: 2016年7月25日 | カテゴリー: 中電対話デー | パーマリンク コメントする.

コメントは受け付けていません。