【名古屋】中電対話デー 10月5日(月)午前9時50分、中部電力本店前集合。*尋ねてみたいことや、言いたいことなど どんなことでもOKです。どなたでも参加可。中部電力担当者が直接あなたの話を聞き、答えます。

日 時:10月5日(月)午前9時50分集合
場 所:中部電力本店前
内 容:尋ねてみたいことや、いいたいことなど、どんなことでもOKです。あなたの声を届けましょう!
主 催:中電対話デープロジェクト
参加費:タダ
連絡先:<hamanatu(at)nifty.com> ℡0572-52-3525(早川)
備 考:お子様連れ大歓迎です。

以下申し入れ書です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2015年10月5日
中部電力㈱
代表取締役社長 勝野 哲 殿
団体名 中電対話デープロジェクト

浜岡原子力発電所の廃止を求めます

御社の取締役会の意見では「使用済み燃料は再処理して回収したプルトニウム及びウランを有効活用することが重要と考えております」と述べています。また、「核燃料サイクルは技術的に可能」とも株主総会で株主の質問に回答しています。青森県六ヶ所村の再処理工場は1993年に着工し97年には完成予定でしたが、数々のトラブルにより、その稼働は22回も延期され現在に至っています。また、福井県敦賀市にある高速増殖炉「もんじゅ」も1991年に試運転が開始されましたが、やはり数々のトラブルにより停止したまま稼働されていません。
使用済み核燃料を再処理してプルトニウムを取り出すことも、取り出したプルトニウムを使って発電することもできていないのですから、核燃料サイクルは技術的に不可能であることが証明されています。原子力発電をすれば使用済み燃料ができ、これをリサイクルすることはできないのですからゴミでしかありません。しかもこのゴミは毒性が強く10万年も隔離しなくてはならない負の遺産です。これ以上の負の遺産を作ることは止めるべきです。
浜岡原発の廃止を求めます。

以上

広告

投稿日: 2015年9月26日 | カテゴリー: 中電対話デー | パーマリンク コメントする.

コメントは受け付けていません。