【愛知】12/6(日)13:30 Cラボ4周年報告会~あの時、あなたはどこにいて何を食べ、何を飲んでいたのでしょうか? 講演:山田国廣さん(京都精華大学教員) イーブル名古屋にて

20151024

【愛知】12/6(日) Cラボ4周年報告会
~あの時、あなたはどこにいて何を食べ、何を飲んでいたのでしょうか?
福島原発事故の初期被ばく、とりわけ内部被曝の大きさについてお話をうかがいます。
■日 程:12月6日(日)13時半~16時
■場 所:イーブルなごや(旧女性会館)3Fホール
■講 師:山田国廣さん(京都精華大学教員、元大阪大学教員)
■主 催:Cラボ(市民放射能測定センター)

真実:福島第一原発事故後の10日間で初期被ばく(外部被ばく、内部被ばく合計)の80%以上になる。
構造:80%以上という初期被ばく構造は福島県だけでなく東京を含め関東・東北地域全般に当てはまる。

<プログラム>
1:30~2:15
Cラボの1年間
みんなのデータサイト(食品検索と精度管理)
土壌プロジェクト進行中
2度の移転を経て、新天地へ
2:15~3:45 基調講演
3:45~4:15 質疑
4:15 終了

チラシをPDFファイルでダウンロード

広告

投稿日: 2015年9月19日 | カテゴリー: 未分類 | パーマリンク コメントする.

コメントは受け付けていません。