【名古屋】中電対話デー 6月1日(月)午前9時50分 中部電力本店前集合 *尋ねてみたいことや、言いたいことなど どんなことでもOKです。どなたでも参加可。あなたの声を直接、中部電力の担当者にお聞かせください

日 時:6月1日(月)午前9時50分集合
場 所:中部電力本店前
内 容:尋ねてみたいことや、いいたいことなど
どんなことでもOKです。あなたの声を届けましょう!
主 催:中電対話デープロジェクト
参加 費:タダ
連絡 先:<hamanatu(at)nifty.com> ℡0572-52-3525(早川)
備 考:お子様連れ大歓迎です。

以下申し入れ書です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2015年6月1日

中部電力㈱

代表取締役社長 水野明久 殿

 

                  団体名 中電対話デープロジェクト

浜岡原子力発電所の廃止を求めます

浜岡原発サイト前面、砂丘後方に防波壁が建てられています。
厚さ2mしかないのに高さ14m~16mも、長さは1.6kmも続きます。
地下水位の高い砂地盤が地震の振動により液体状になる現象を液状化現象といいます。発生する場所は砂丘地帯や三角州などで起き、比重の大きい構造物が埋もれ、倒れる危険性があります。

これらの状況を踏まえ以下質問します。

  1. 液状化予測のためどのような方法で地盤情報を取得しましたか
  2. 実施した液状化対策について具体的に教えて下さい
  3. 地質が調査され地質報告書が作成されていると思います。何カ所行われましたか。
  4. 液状化に関して防波壁が規定される設計基準が、国土交通省が定める「港湾の施設の技術上の基準」であるとすると、検証されているのは 600ガルまでとなっています。それに対し防波壁の工事用地震動は1200ガル及び2000ガルです。

どのようにして液状化の可能性を判断したのですか。

地震の強さを示すガルが大きくなれば液状化の危険性は増し、津波対策にならないことが考えられます。浜岡原発は廃止にすべきです。

                            以上

                       連絡先 土岐市曽木町274
℡ 0572-52-3525
早川しょうこ

広告

投稿日: 2015年5月25日 | カテゴリー: 中電対話デー | パーマリンク コメントする.

コメントは受け付けていません。