【名古屋】中電対話デー 4月6日(月)午前9時50分 中部電力本店前集合 *尋ねてみたいことや、言いたいことなど どんなことでもOKです。どなたでも参加可。あなたの声を直接、中部電力の担当者にお聞かせください

日 時:4月6日(月)午前9時50分集合
場 所:中部電力本店前
内 容:尋ねてみたいことや、いいたいことなど、どんなことでもOKです。あなたの声を届けましょう!
主 催:中電対話デープロジェクト
参加 費:タダ
連絡 先:<hamanatu(at)nifty.com>  0572-52-3525(早川)
備 考:お子様連れ大歓迎です。
以下申し入れ書です。

2015年4月6日
中部電力
代表取締役社長 水野明久 殿
団体名 中電対話デープロジェクト

浜岡原子力発電所の廃止を求めます

御社の経営方針の中長期的な会社の経営戦略・会社の対処すべき課題で「現在浜岡原子力発電所の停止に伴い供給力が低下する・・」とありますが、これは適切な表現ではありません。
電力調査統計月報を調べたところ、2011年に起きた福島原発震災をはさんで中部電力は受電が大超過だったものが、事故以後は送電が大超過となっています。それに比べて関西電力は一貫して受電が大超過のままになっていますので、中部電力から関西電力に
送電しているものと考えられます。
確かに浜岡原発発電停止により供給力は低下したでしょうが、他社に多く送電できるほど供給力に余裕があることは伏せられています。
浜岡原発は2011年5月以降発電していませんが、電力供給に全く不安は無いことを正しく消費者に伝えるべきです。
浜岡原発の必要性はありません。廃止にすべきです。
以上

広告

投稿日: 2015年4月2日 | カテゴリー: 中電対話デー | パーマリンク コメントする.

コメントは受け付けていません。