2014.10.6第20回 中電対話デー 報告

この日の対話デーでは中電からは広報1名と総務2名、市民は3名(それも私を含めて常連さんばかり、台風18号の影響かもしれませんが・・・やっぱり少ないなぁ)。

電気料金から2.5億円の裏金を作って政界対策や芦浜原発の立地工作をしていたのに、それを調べようともしないので、しつこく「なぜ調べないのか」とくり返し、やっと上司に諮り次回に回答しますということになって・・・

ごく簡単な報告をします。

s=市民 t=中電  ※=ちょっとつっこみ  です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

s 2.5億円の裏金の件をなぜ調べないのですか?

t 現在コンプライアンスの取り組みをしていますので、調べる必要はありません

s 上司に諮り答えると言ったじゃないですか

t 今はこのような問題は起きませんので、これが答えです 

※ちょっとーぉ!おんなじ答えをするなら期待させないでよ!
それにしてもヒドイ!「朝日新聞の報道ですよね、報道は間違っています。してないです」と中電の若手の社員は発言していたんです。それに対して「承知していないが会社の見解」と横にいた先輩社員が注意していました。
それにしても、報道では元知事の発言があり「受け取った」とあるのに、それも否定してしまう心理って一体なんだろうか?
当然記事の客観性ってことも考えないから、都合の悪いことは否定してしまえば反省しなくても済むってことで、これって慰安婦問題は無かったことにしてしまうのと、同じパターンですね。これじゃあ原発事故は必ず起きてしまいます。

s 以前裁判の証拠資料として提出していたような、市民がどの集会に参加したなど、今でも調べていますか。その資料では1,000人規模でのデモがあったし、室内で行われた講演会などが含まれていますので、わざわざ社員が休日にもかかわらず、出向いて調べていたんですか?

t 20年前のことですので判りません。資料もありません。

※警察と仲良しでなかったら資料は作れないことは明白ですから、次の質問で

s 退職警察官の再就職で受け入れた人数と肩書(顧問・嘱託など)を教えて下さい

t 人事部に確認しましたところ、現在若干名はいますが、個人の特定につながるのでそれ以上は言えません。

s 人数を言うことで特定につながるのですか?
シーテックでは個人情報を受け取っていたでしょ。
市民に納得のいくよう答えてくれないような会社では、原発の安全性に疑問を持つのは当然ですよ。核セキュリティーの名目で社内規定のあるなしまでも秘密にしてしまうのですからね。

t 以前よりも核セキュリティーのためにお伝えする情報の内容が狭まっていることは確かですが、社内規定のあるなしは核セキュリティーの範囲ですのでお答えできません。原発の安全性につきましては第三者機関の査察を受けていますので、決して閉ざされているものではないです。

s その第三者機関ってIAEAなど、原子力ムラですよね。

※つくづく巨大地震の震源域に在る浜岡原発は危険だと実感させられた対話デーでしたが、その終了間際に「人数を集めに苦労してみえるようですので、 (対話デーは2カ月に一回)3ケ月に1回としたらいかがですか」と言われてしまいました。原発を止めれば行くことはないんです!

次回は12月1日(月)です。

広告

投稿日: 2014年10月9日 | カテゴリー: 中電対話デー | パーマリンク コメントする.

コメントは受け付けていません。