【名古屋】8月4日(月)午前9時50分 中電対話デー 一連の裏金報道などについて広報担当者らと意見交換予定。申込不要でどなたでも参加できます。

日 時:8月4日(月)午前9時50分集合
場 所:中部電力本店前
内 容:尋ねてみたいことや、いいたいことなど
どんなことでもOKです。あなたの声を届けましょう!
主 催:中電対話デープロジェクト
参加 費:タダ
連絡 先:<hamanatu@nifty.com> ℡0572-52-3525(早川)
備 考:お子様連れ大歓迎です。
以下申し入れ書です。

2014年8月4日

中部電力㈱

代表取締役社長 水野明久 殿

 

団体名 中電対話デープロジェクト

浜岡原子力発電所の廃止を求めます

平素の企業経営へのご努力、ご苦労様です。

さて、 最近の報道によれば闇の部分を抱える御社の体質が感じられます。 これは公益企業として、 また企業市民として決してあってはならないことです。 8月4日午前10時から行われる中電対話デーでは、 この件に関する以下の質問に答えていただくよう事前質問を提出し ます。

 

1.     一連の報道についてどのように考えますか

2.     報じられた内容についての真偽について調査検討されましたか。 広報部は「承知していない」 と答えて報道された内容の事実確認を避けています。 ことの重大性や報道の質から考えて事実の検証や調査と公表は御社 の社会的責任です。確認作業を行いましたか。確認できましたか。 まだ着手していないのであればその予定がありますか。 朝日新聞にコメントを求められたのはいつですか。

3.     1984年から2004年で少なくとも2. 5憶円が裏金として政界対策に充てられたとされています。 この行為の問題点を多面的にかつトータルに述べて下さい。 御社がよくいうコンプライアンスに反しませんか。

4.     報道されたようなことは現在でも行われているのですか。 証言者は「 電力会社が裏金を使わずに済む時代が来るとは思えない」 と述べています。 もし行われてないということであればその事実をどのように検証し ましたか。また、どのような内部議論、 認識で中止を決めたのですか。それはいつですか。

5.     関係者は違法、犯罪性の認識はあったと思われますが、 取締役や会社の責任についてどのように認識していますか。また、 この件を知っていた部署・人物はどの範囲に及びますか。

6.     子会社のシーテックが大垣署から個人情報を取得していたことにつ いて、警察側については公務員の守秘義務違反です。さらに、 警察がまるで当たり前のように、 企業の方に列して肩入れし情報提供し認識を共有し合おうとするの は住民=市民を一方的に犯罪者視することで許されないことです。 一方でシーテック側が警察情報(=基本的に治安情報)を取得しよ うとする態度は、住民に対する予断を抱かせることになります。 そのことによって事柄に真剣に向き合い、 住民の話を真摯に理解しようとする姿勢を困難にしてしまいます( 事柄の中の真実を感じ取る目を初めから曇らせてしまうことになる )。シーテックの行為についてどう考えていますか。(歴史の事実 として、企業の立地活動に関して違法、 違反や公序良俗に反する行為は大部分を企業側が行っているのに、 その企業と手を組みあってどうして違法、 違反の摘発ができるのだろう)

7.     御社の情報蒐集に関する警察との“協力関係” についてお尋ねします。

①   新聞報道では去年8月7日に中電岐阜支店から「 大垣署が事業概要の情報を必要としている」との連絡、 とありますが中電が警察から初めに要請を受けたのは岐阜支店です か、本社などですか。

②   シーテックは100%中電出資の子会社です。 地域対応グループ長は中電からの出向ですか。

③   大垣署からの今回のような要請があった場合、 シーテックは中電の指示を仰いだり警察との内容をその都度報告し たりすることになるのですか。 それとも独自に進めているのですか。

④   警察との情報交換は定期的に行われるのですか。 随時行われるのですか。 そもそもどのような考えで警察から情報取得しているのですか。

⑤   2~3年前の株主総会で、 私服警察官が中電株主行動の中心的な女性の2mくらい近くに立っ ていました(女性も座る場所が無くて立っていました)。 その警察官に「気付いているよ」 の静かなシグナルを送ったところ、彼は他に移動しました。彼は『 株主総会招集ご通知』など何も持っていませんでした。 これは情報蒐集について警察との協力の一環ですか。それとも“ 株主”としてだと断言できますか。

⑥   御社(子会社も含めて)はOB、OG、 現役を含めた警察関係者との何らかの継続関係(雇用、参与、 その他)があるという事実はありませんか。

8.     このようなコンプライアンス違反や不適切事象が起きないための対策を示して下さい。

住民や市民の同意が得られない原子力発電などの事業を続ける限り 、このような不祥事は何度でも起きます。 浜岡原子力発電所の廃止を強く求めます。

広告

投稿日: 2014年7月30日 | カテゴリー: 中電対話デー | パーマリンク コメントする.

コメントは受け付けていません。