【名古屋】6月9日(月)中電対話デー 場所:中部電力本店内 だれでも参加できます

日 時:6月9日(月)午前9時50分集合
場 所:中部電力本店前
内 容:尋ねてみたいことや、いいたいことなど
どんなことでもOKです。あなたの声を届けましょう!
主 催:中電対話デープロジェクト
参加 費:タダ
連絡 先:<hamanatu(at) nifty.com> ℡0572-52-3525(早川)
備 考:お子様連れ大歓迎です。


以下申し入れ書です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2014年6月9日
中部電力㈱
代表取締役社長 水野明久 殿

団体名 中電対話デープロジェクト

浜岡原子力発電所の廃止を求めます

東京電力福島第一原発事故の原因は地震や津波の他に、安全を盲信するあまり、説明責任を果たそうともしなかった電力会社の姿勢がありました。事故後、安全神話は崩れ去ったにもかかわらず、説明責任を果たそうとしない姿勢は御社においても同じです。

中電対話デーに関連して御社社員の回答を受け、その内容を確認する下記の質問がされたのですが、回答はありませんでした。

(1) 4月7日の対話デーで、防潮堤の下のボーリング調査結果について、「出せるものはHPにある」と広報担当者に言われ、HPを探したが見つからなかったので、その場でURLをすぐに教えて欲しいとお願いしていた。早く教えて欲しい。

(2) 4月22日の朝日新聞で原発を持つ電力9社は、麻生大臣のパーティー券を購入していたと報道しました。しかし、4月7日の対話デーで「当社は昭和49年から会社としての企業献金は一切していない。そのため、料金原価に入っていない」と明言されましたので、
記事が間違っているのか、献金はしていないとのことだがパーティー券は含めていないのか回答を求めているところです。4月22日の報道に関してもパーティー券の購入はしていたのか、料金原価に入っているのか、回答をお願いします。

説明責任を果たさないで浜岡原発の再稼働はありえません。
ただちに廃止すべきです。
以上

広告

投稿日: 2014年5月30日 | カテゴリー: 中電対話デー | パーマリンク コメントする.

コメントは受け付けていません。