【名古屋】12/2(月)中電対話デー *中電の担当者に質問をしたり、意見を述べたりすることができます。どなたでも参加できます。

日 時:12月2日(月)午前9時50分集合
場 所:中部電力本店前
内 容:尋ねてみたいことや、いいたいことなど、どんなことでもOKです。あなたの声を届けましょう!
主 催:中電対話デープロジェクト
参加 費:タダ
連絡 先:<hamanatu@nifty.com> ℡0572-52-3525(早川)
備 考:お子様連れ大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
申し入れ書です。
               2013年12月2日
中部電力㈱
代表取締役社長 水野明久 殿

団体名 中電対話デープロジェクト

浜岡原子力発電所の廃止を求めます

御社は今年度内に浜岡原発4号機を、3号機は14年度の見通しで、原子力規制委員会に安全審査を申請すると発表しました。また、原発の新規制基準に適合させるための対策工事は、4号機は15年9月末に、3号機は16年9月末に完了する計画も発表されました。

このような御社の動きは浜岡原発の再稼働を見据えたものであるのに対し、「新しい規制基準に対策工事が適合しているかどうかの確認であって、再稼働の申請ではない」としています。

しかし、これは誰にでもわかるウソでしかなく、不誠実な態度です。さらに、当初想定されていた「東海地震」は今では「南海トラフ巨大地震」となり、マグニチュードは9.6、津波も42メートル以上という、想像もつかない知見が、国の「南海トラフ巨大地震検討会」で発表されています。

これでもまだ御社は電気料金の値上げをしてまで、浜岡原発を再稼働させるつもりですか?ムダと判っている対策工事を続けるのですか?そして、住民の安全は考えないのですか?浜岡原発は廃止にするべきです。

以上

広告

投稿日: 2013年11月25日 | カテゴリー: 中電対話デー | パーマリンク コメントする.

コメントは受け付けていません。