6月3日(月) 中電対話デー

中電対話デーのお知らせ

日 時:6月3日(月)午前9時50分集合
場 所:中部電力本店前
内 容:尋ねてみたいことや、いいたいことなど、どんなことでもOKです。あなたの声を届けましょう!
主 催:中電対話デープロジェクト
参加 費:タダ
連絡 先:<hamanatu@nifty.com> ℡0572-52-3525(早川)
備 考:お子様連れ大歓迎です。
早川農園のエンドウをプレセントします!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当日中電に提出する申し入れ書です。↓

2013年6月3日

中部電力㈱
代表取締役社長 水野明久 殿

団体名 中電対話デープロジェクト

浜岡原子力発電所の廃炉を求めます

御社は5号機周辺の施設で最大1900ガル程度の地震動を想定した耐震工事を実施するとし、「津波対策と耐震性の精査や必要な設計見直しを図りつつ工事を進める必要があることから、対策完了目標を2014年度末に見直す」としました。
しかし、浜岡原発3~5号機は、600ガルの耐震基準で設計され建設したもので、当時の基準がいかに甘かったかをまず反省しなければなりません。
御社は、2006年に改訂された耐震設計審査指針に基づき、浜岡原発は800ガルまで基準地震動を引き上げたものの、実際の補強のほとんどは、施設のサポートを増やし設備の固有周期を短くする程度で、構造や材質を変える等抜本的に強度を増すことまではできませんでした。
それにも関わらず、今度は設計時の2倍(5号機)を超える揺れにも耐えられるようにするというのでしょうか。原発の心臓部である炉心に対しての耐震工事は容易ではないはずです。もうムリだと思われます。
いたずらに工事にお金をかけるのをやめ、浜岡原発3~5号機は廃炉にすべきです。

以上

連絡先 土岐市曽木町2746
℡ 0572-52-3525
早川しょうこ

広告

投稿日: 2013年5月27日 | カテゴリー: 中電対話デー | パーマリンク コメントする.

コメントは受け付けていません。