C-ラボ(市民放射能センター) 週刊ニュ-ス(2011年11月8日配信)

C-ラボ(市民放射能センター) 週刊ニュ-ス(2011年11月8日配信)

測定依頼が次々舞い込み、忙しい毎日です。測定時間が長いものは夜中に測定器を動かし、土日もほぼ休まず動かし続けて、何とか対応している状態。現在、申し込みがあってから約3週間待ちです。

■Topics1 関東の土壌汚染
長野県南佐久郡の落ち葉から65.4Bq/kg、安曇野市の落ち葉から46.6 Bq/kg(セシウム合計)という結果が出ました。平米当たりに換算すると3千~4千Bq/㎡です。関東はもっとすごくて、練馬区の落ち葉で1280 Bq/kg、土で325 Bq/kg、世田谷区の土で290 Bq/kg、埼玉県羽生市の土で193 Bq/kgが出ています。平米当たりに換算すると、練馬区は21125 Bq/㎡、世田谷区は18850 Bq/㎡、羽生市は12545 Bq/㎡です。政府の航空機モニタリングでは1万Bq/㎡以下とされている地域で、まだら模様に線量の高い地域があるようです。
東海地方では、愛知県名古屋市、大府市、知多郡、岡崎市、常滑市、豊田市、豊川市、三重県伊賀市、岐阜県本巣市の土を測定しましたが、いずれも不検出(検出限界10 Bq/kg未満)でした。愛知県内で汚染を確認できたのは新城市までです。(渡邉)

■測定うら話

○測定ボランティアの仕事は、検体の準備と測定、後片付けだけではありません。その結果のパソコン入力や依頼者への測定結果の郵送等などの事務作業もやるので、結構忙しく働いています。最初は測定器の周囲に雑然と置かれていた検体や備品がしだいに整理されて使いやすくなり、仕事もはかどるようになってきました。(H)

○測定ボランティアの登録はなんと40人以上になりました。月末に初めての懇親会を企画。どんな人がいるのかな。いろんな情報交換ができそうで楽しみです。(H)

■測定ボランティアのつぶやき

○名古屋市の中心地・オアシス21で開催されている朝市に行ったら、「放射能不検出」と表示されたお米が並んでいました。C-ラボで測定したということなので、「私、そこでボランティアしてます!!」と思わず声をかけて話が弾みました。「検出されないとは思っていたけれど、小さいお子さんを持つ親御さんの安心のために測った」そうです。(M)

○あまり測定に来られないけど、細々ながら続けたいと思っています。(M)

###

広告

投稿日: 2011年11月11日 | カテゴリー: 未分類 | パーマリンク コメントする.

コメントは受け付けていません。