10/29(土)佐藤和良さん(「脱原発福島ネットワーク」世話人・いわき市議会議員)の講演会

以下の講演会が、東海ネットの協力により、開催されます。
———————————————————–
汚染された大地と向き合って
ー 福島原発事故の現実 ー

東京の電気のために、原発に翻弄され続けてきた福島の人びと。
3月11日から始まった原発震災によって、脱原発の声はかつてないほど高まる一方で、福島県は、年間100ミリSvの被ばくを子どもや妊婦にまで受忍させる人物を県リスク・アドバイザーと県民健康管理調査委員会座長に選びました。
福島の人びとの置かれている状況は、事故発生から半年を経て、改善の方向へ向かっているのでしょうか。
原発から25-60km圏のいわき市に住む佐藤さんは、日々内部被ばくと向き合いながらも、地元で生きて行くことを決意し、地域の再生のために奔走しています。
原発事故は福島の人びとの暮らしと地域社会をどのように変えたのか、そして現在進行中の現実について、住民、市議会議員、市民運動の視点から語っていただきます。
福島原発の停止を求めて現地で粘り強い活動をして来られた佐藤和良さんのお話は、二度と放射能禍を起こすまいと願う私たちの大きな力となるでしょう。

お話:佐藤和良さん
(「脱原発福島ネットワーク」世話人・いわき市議会議員)

と き:10月29日(土)
13:30~16:00(開場13:15)

ところ:名古屋市女性会館 大研修室
(地下鉄名城線・東別院下車1番出口より徒歩3分)
名古屋市中区大井町7-25 tel 052-331-5288

佐藤和良さんのプロフィル
1953年楢葉町(福島第二原発立地町)生まれ。88年「脱原発福島ネットワーク」に参加。2004年からいわき市議会議員。福島原発の安全性問題などについて、20年以上前から東京電力との交渉を続けて来た。

<参考>
佐藤かずよしさんのブログ
【動画】原水禁世界大会「”内部ヒバク”から問い直す核/原子力体制」でのお話(47分〜)
【動画】4/3原子力資料情報室 緊急報告会「福島原発震災 いわき市からの報告」

参加費:800円

主催:核のごみキャンペーン・中部
協力:未来につなげる・東海ネット
お問合せ:mail@nukewaste.net  tel&fax050-3579-0016 080-5102-5872(安楽)

広告

投稿日: 2011年9月9日 | カテゴリー: 講演会・学習会 | パーマリンク コメントする.

コメントは受け付けていません。