【緊急】菅首相「脱原発」宣言を支持!オンライン署名

オンライン署名は締切ました。
ご協力ありがとうございました。
現在、首相宛に提出準備中です。

署名団体・個人一覧は、こちらをクリック

署名に際してせられたメッセージ一覧は、こちらをクリック

【緊急】菅首相「脱原発依存」支持!オンライン署名

菅首相の「脱原発依存」声明を支持します。

7月13日、菅首相は「脱原発依存」を記者会見で述べ、従来の原子力政策を大転換する方針を発表しました。首相が発言した「原発はリスクを律することができない技術であり、原発に依存しない社会を目指す」との方向性は現在の市民が広く感じている原発に対する考え方を明確に反映したものと高く評価いたします。

一部の政治家が今回の発言に対して「ポピュリスト」などと批判していますが、福島における重大事故を受けて変化した市民の意見を反映することをポピュリズムというなら、その政治家の見識を疑います。

私たちは、電力は原発がなくても十分足りており、また原発の電気が火力発電等と比較して安いという電力会社の主張も誤りがあると認識しています。したがって即時の脱原発も可能であるし、すべきであると考えています。

同様に、市民の中でも「原発をこれからどうするか、国民投票を行うべきだ」、「自然エネルギー頼みはおかしい」「福島原発の被害住民、とくに子どもたちや、第一次産業従事者への対応が不十分だ」「放射線に汚染された廃棄物や汚泥などの拡散をやめてほしい」など、政府の方針・対応に関するさまざまな不満・異論・意見があります。これらの意見をぜひ反映してほしいという思いはあるものの、脱原発・卒原発を求める市民として、菅首相の「脱原発依存」という、原子力政策の大きな方針転換を歓迎し、強く支持致します。

首相の早期退陣を求める声もあります。もっと適任の方がいるのかもしれません。しかし、現時点で、日本中を見渡して、原子力政策を転換しうるポジションと意欲を持った人は菅首相、ただこの人しかいません。そして、菅首相退陣後の新首相が脱原発路線を掲げるかどうかは、ほぼ期待できません。ならば、現時点で菅首相を支持するのが道理であると考え、緊急で今回の支持声明を出すことといたしました。

<愛知県>核のゴミキャンペーン・中部、どんぐりの会
<岐阜県>カエル同盟、かえるファーム、核のゴミから土岐市を守る会、岐阜・2001年の会、サスティナブル21、(特活)せき・まちづくりNPOぶうめらん、(特活)泉京・垂井、菜の花会、羽島環境の会、浜岡原発の運転停止を求める会・岐阜、平和・人権・環境を守る岐阜県市民の声、放射能のゴミはいらない!市民ネット・岐阜
<三重県>原発おことわり三重の会

【署名集約先】 未来につなげる・東海ネット
【署名の締切り】  2011年7月28日
【署名の提出先】  首相官邸

広告

投稿日: 2011年7月16日 | カテゴリー: その他 | パーマリンク コメントする.

コメントは受け付けていません。