「未来につなげる・東海ネット」結成集会

日時:7月29日(金) 午後6時半~8時半

場所:名古屋YWCA ビッグスペース
(地下鉄栄駅徒歩5分)

プログラム
基調講演:河田昌東さん(チェルノブイリ救援・中部
会の進め方の提案
参加各団体からのアピール

資料代:500円

東北大震災に起因する福島第1原発事故という未曾有の大事故が現在進行形で続いています。地震と津波の被害に加え、原発震災という事態の中で、拡散した放射能が食物や環境などさまざまなところに影響を与え、住民は非常に困難な生活を余儀なくされています。

エネルギー政策を原子力に頼り、原発の危険性を指摘されながらも地震多発国である日本に、54基もの原発を建設してきた結果がこの大惨事を引き起こしました。とりわけ、今後30年間に87%の確率で起こるといわれている、東海地震の震源地にある浜岡原発は、現在運転が中止がされていますが、政府・電力会社は運転再開を諦めてはいません。

すでに、様々な団体が、原発事故に関して、集会や講演会、パレードなどを企画していますが、問題を解決するには、より力を結集して取り組む必要があると考えた団体・個人があつまり、「未来につなげる・東海ネット」を立ち上げることとしました。

福島原発事故が提起した課題は様々あり、その全部に共同で対処することはできませんが、それぞれの団体・個人の活動を生かしつつ、情報交換をしながら必要と思われるところで横につながれるようなネットワークにしたいと考えています。

つきましては、広く皆様の参加と賛同をよびかけるために、7月29日に結成集会を持ちます。多くの方々の参加を呼びかけます。

広告

投稿日: 2011年7月7日 | カテゴリー: その他 | パーマリンク コメントする.

コメントは受け付けていません。