海外ニュース(論調)の紹介

3.11福島原発事故、その後の日本に対する海外メディアの要約記事を紹介します。

福島:残るリスク

福島の放射能は太平洋全域を汚染し、なおひどくなりつつある

放射能汚染のある福島地区で育ったコメを英国内で販売することが認可された

東京に落下した福島からの放射性セシウムはガラス微粒子に濃縮されていた

巧妙なうそ、それとも醜い真実

福島の数十億の核燃料片はどこにでも拡散しているー「本当に怖いです、セシウムがあればどこにでもプルトニウムが存在する。原爆はたったの1ポンド(450g)だが、福島は数百トンである。

福島事故による疾病を否定するいくつかのニュース、論稿

親にとって最悪の悪夢:福島の放射能が原因で余分の手足をもった赤ん坊がうまれる傾向にある。死産の数も増加。

福島から5年:この原発事故にとって回復はまだズーッと先

アーニー・ガンダーセン(Arnie Gundersen)プロジェクト・センサード(Project Censored)座談会で語る(2016.3.30)

福島の森林-今や放射能貯蔵庫–は突然変異した生命に満ちている

フクシマの災害は人々を殺している。
(Ecologist誌 2016.3.14 C.Busby著;安藤直彦要訳)